包茎手術の需要

Permalink

男性の中には、包茎で悩んでいる方も多いかと思います。事実、日本人の60~80%は包茎であると言われているのです。
そのため、「自分だけ……」と悩む必要はありません。
包茎は病気ではないため、包茎による不都合を感じなければ手術を受ける必要もありません。
しかし昨今、包茎手術の需要は高まってきています。
男性としての自信を取り戻そうと、包茎手術に踏み切る人が多いのです。
まず、包茎にはどのような種類があるのでしょうか。

1つ目は、仮性包茎(かせいほうけい)。
仮性包茎は平常時には亀頭の全部もしくは一部が包皮に覆われており、勃起時には締め付けも痛みも無くスムーズに 亀頭を露出させることのできるタイプの包茎です。

2つ目は、かん頓包茎(かんとんほうけい)。
かん頓包茎は、包皮の輪が狭いため、亀頭を露出させようとすると亀頭の下の部分を締め付けてしまい、勃起時には締め付けのため亀頭を全部露出できないタイプの包茎です。

3つ目は真性包茎(しんせいほうけい)です。
このタイプの包茎は、包皮の輪がかん頓包茎よりも狭いため、平常時も勃起時も包皮を剥くことができず、亀頭を全く露出させることのできない包茎です。この真性包茎は、包茎の中でも最も重症なタイプのものです。

以上、これらの包茎は包茎手術をすることで改善できます。
そのため、現在では包茎手術の需要が高まってきているのです。
もしも包茎でお悩みの方は、包茎手術を検討してみてもいいかもしれません。