包茎手術で男性の自信を取り戻そう

包茎手術のメリット

Permalink

包茎手術のメリットは、なんと言ってもコンプレックスからの解放にあると思います。
彼女にペニスを見られることにも、銭湯に行くことにも、抵抗が無くなるのです。ずっと気になっていたことが解消されるのですから、心の靄が晴れ、満足感や達成感が得られます。

また、セックスの持続時間が長くなることもあげられます。
包茎の状態のペニスは、亀頭が皮に覆われていていることが原因で、亀頭が刺激に対して敏感になっています。そのため、包茎は早漏気味になってしまうのです。
包茎を手術で治療すれば、そのようなことで悩むことも無くなり、パートナーとの時間も充実したものになるでしょう。

性病のリスクも減ります。包茎の場合、包皮と亀頭の間に恥垢が溜まりやすく、常に湿っている状態になりがちです。ジメジメと湿った場所には菌が繁殖しやすく、性病にかかるリスクも高まるのです。
このリスクを減らすためには亀頭を常に清潔に保つ必要がありますが、包茎の場合はそれが難しいのです。

包茎手術により包茎を解消すれば、男性としての自信がつくだけでなく、性病にかかるリスクも低くなる……まさに良いこと尽くめなのです。
少しでも包茎を気にしているのであれば、包茎手術を視野に入れてみましょう。

手術時の痛み

Permalink

包茎手術を決意した時、まず気になるのが「手術時の痛み」ではないでしょうか。
それもそのはず、ペニスは男性の急所なのですから、メスなんて入れようものなら気絶ものの痛みではないかと、怖気づいてしましますよね。

しかし、ご安心ください。
包茎手術の際は局所麻酔(手術をする部分だけを麻酔する方法)を行うため、手術中の痛みは全くと言っていいほどにありません。
メスが入った時も、痛みではなく「何かが触れている」という感覚です。
「手術は痛いもの」と思いがちですが、手術前に麻酔が効いているかの確認もしっかりするため、極端に痛みに対する不安を持つ必要はありません。

ただし手術から5時間ほど経つと麻酔が切れてきて、多少の痛みは出てきます(手術自体は1時間前後で終了するため、手術中に痛みを感じることはありません)。
しかし、麻酔が切れた時の痛み用に、手術後の診察で医師から痛み止めの内服薬が処方されるので、こちらもそこまで怯える必要はありません。
個人差はありますが、手術翌日や翌々日には痛み止めの内服薬も必要無いくらい痛みが無い人もいるのです。
包茎に悩んでいる方は、ほとんど無い痛みを恐れずに包茎手術にトライしてみましょう。

包茎手術の需要

Permalink

男性の中には、包茎で悩んでいる方も多いかと思います。事実、日本人の60~80%は包茎であると言われているのです。
そのため、「自分だけ……」と悩む必要はありません。
包茎は病気ではないため、包茎による不都合を感じなければ手術を受ける必要もありません。
しかし昨今、包茎手術の需要は高まってきています。
男性としての自信を取り戻そうと、包茎手術に踏み切る人が多いのです。
まず、包茎にはどのような種類があるのでしょうか。

1つ目は、仮性包茎(かせいほうけい)。
仮性包茎は平常時には亀頭の全部もしくは一部が包皮に覆われており、勃起時には締め付けも痛みも無くスムーズに 亀頭を露出させることのできるタイプの包茎です。

2つ目は、かん頓包茎(かんとんほうけい)。
かん頓包茎は、包皮の輪が狭いため、亀頭を露出させようとすると亀頭の下の部分を締め付けてしまい、勃起時には締め付けのため亀頭を全部露出できないタイプの包茎です。

3つ目は真性包茎(しんせいほうけい)です。
このタイプの包茎は、包皮の輪がかん頓包茎よりも狭いため、平常時も勃起時も包皮を剥くことができず、亀頭を全く露出させることのできない包茎です。この真性包茎は、包茎の中でも最も重症なタイプのものです。

以上、これらの包茎は包茎手術をすることで改善できます。
そのため、現在では包茎手術の需要が高まってきているのです。
もしも包茎でお悩みの方は、包茎手術を検討してみてもいいかもしれません。